Healing Salon Amenohoshifuneのブログ

ヒプノセラピストが日々思うこと、感じることをつづっています。

ブレてきたら瞑想を

f:id:hs-amenohoshifune:20191008100805j:plain

(画像はお借りしています)

 

 

こんにちは。

ブログを訪問くださりありがとうございます。

 

毎日過ごす中で、何かが違ってきている感じがする・・・。

何かこう、自分の中の時計の針がチグハグになってズレている感じ。

本当はこうしたいと思っているのに、周りを気にしてそうしていない自分がいる。

迷ってしまい、自信を持って選択できない自分がいる。

人にこう言われたからと、外の声を気にして自分の気持ちを抑えてしまっている。

なぜか自分に正直になれず自問自答を繰り返し、結果、自分を責めている。

 

こんな風に思っているとしたら、

それは自分の中にある軸からブレてしまっているかもしれません。

自分とセンタリングできていないともいえるでしょう。

 

そんなとき、自分を助けてくれるのはなんでしょうか。

 

以前にもブログで書きましたが、

それは瞑想です。

 

関連記事

→ 瞑想は日常でこそ生かされる

 

外部に答えを求めるのではなく、

自らの心に耳を澄ますのです。

 

自分の心に耳を澄まして、

自分の内なる声を聴くのです。

 

それは実際に言葉で聴くのとは少々異なるかもしれません。

私自身はそれをいつも体感で理解しています。

 

なぜこの内容をもう一度書いたかといいますと、

私自身がブレてしまっていたことに気づいたからです。

瞑想を行わない日々が続いた結果、

 

自分が本当に何をしたいのか、

どうしたら自分のやりたいことに対して

迷わずに自信を持って選択することができるのか・・・。

 

外にも内にも振り回された自分がいました。

そうです。

自分の中心にある軸からブレていたんです。

 

このことに気づいてから、

もう一度瞑想を再開します。

 

5日くらい経った頃でしょうか。

自分が自分と一致してきた感じがしてきました。

 

自分が自分であっていい・・・

 

こんな感じでしょうか。

 

自分の今現在の立ち位置がどこで、

そしてどこを目指せば良いか体感でわかるようになっていました。

また以前の自分では悲しい、辛いと思えた出来事に対しても、

 

これで最善なんだ。

これで良かったんだ。

経験させてくれて、教えてくれて、ありがとう・・・。

 

と、ポジティブに捉えて、

心から感謝することができるようになっています。

 

この気持ちで、

これからまた自分の足で一歩踏み出した先に現れる世界が楽しみでなりません。

瞑想、おそるべし!ですね。

 

ちなみに私は5日ほどでこのようになれていると書いていますが、

もともと何年も瞑想してきたことで素地があるため、

短い期間で再びこの状態になれています。

 

瞑想のポイントは、

潜在意識に繋がっているかどうかを自分で気付けることと私は思います。

 

繋がったからどうなんだというメカニズムについては、

残念ながら私は瞑想の教師ではないのでわかりませんが、

ここではあくまでも私自身の体感の経験をお伝えしています。

 

ちなみに瞑想で潜在意識に繋がると、

とっても体が軽くなるのを感じます。

そしてとっても気持ち良いです。

 

京都は宇治の平等院鳳凰堂に安置されている阿弥陀如来像は、

半眼で背中が丸まっています。

これは瞑想していてとってもリラックスしている状態を表しているようです。

お顔を観ても、トロンとした良いお顔をされていますね。

そして観の目状態といいますか、

全体を観ながらも一点に集中されているのが伝わってきます。

 

私たちの心も本当はトロンとしているのでしょうか。

トロンとしながらも全体を見据え、

観るべきものを観つめる姿勢が理想なのかもしれません。

 

心ががんじがらめになって固くなってしまう前に、

ブレてきたら 瞑想を ♬

 

 

 

テラに愛をこめて

 

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢

ヒーリングサロンあめの星舟では、

ただいま遠隔でのオンラインセッションのみお受けしています。 

セラピストを介して自分の心の声を聴きたい方、

前世の自分から今世を生きるヒントをもらいたい方、

ヒプノセラピーを受けてみませんか?

そこには探していた答えがあるかもしれません。

 

ヒプノセラピーセッションはこちらよりどうぞ。

ヒーリングサロンあめの星舟

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢