Healing Salon Amenohoshifuneのブログ

ヒプノセラピストが日々思うこと、感じることをつづっています。

なにかになろうとしていた昔の私

f:id:hs-amenohoshifune:20190801160423j:plain

 

こんにちは。

ブログを訪問くださりありがとうございます。

 

 

 

「なにか」になりたい・・・

 

若い頃の私は、そのように思っていました。

 

「なにか」にならないとダメなんじゃないか。

「なにか」にならないと人は私を認めてくれないのではないか。

「なにか」にならないと私自身、私のことを認めてあげられないのではないか。

 

 

でも

今ここにこうして立って眺めたとき、

 

その「なにか」なんて 

最初からなかったんです。

 

最初から最後まで「なにか」なんて何もない。

ただ自分が、

「私」があるだけでした。

 

 

それに気づいたとき、

私は安心しました。

ただの「私」でよかったんだ〜と心から思える私がそこにいました。

 

私は私でよかったんです。

「なにか」になることなんて、

最初から最後まで必要もなかったわけです。

 

 今はただ「私」を抱きしめることが一番楽しく、

また愛しくもあります。

 

その「私」も、

そのうち「」がとれた

私になっていくんでしょう。

 

 

とめどなく流れていく時間はまるで旅のようです。

その旅の中で私たちは永遠に私を探し続けていくのかもしれません。

 

 

そんな風に表現した江戸時代の俳諧師がいました。

旅を愛して旅を続けた彼は、

最後は夢の中までも旅をしていました。

 

何も所有せず、

ただ過ぎてゆく時間を

波が来たから居ても立っても居られないと、

サーフィンを楽しむがごとく旅していた彼。

軽みと侘びの中に生まれる言葉たちは

彼とともにいつまでも時間という永遠の旅の中に漂っているかのようです。

 

私を求めた永遠の旅路。

好きなものだけたずさえて

広大な宇宙の大海原へと

いつもいつでも旅の中。

 

 

なにかになろうとしていた昔の私。

今私の目の前にひょっこり現れた彼女は

くすっと笑い、私を探しに眩しいドアを開けていきました。

 

  

 

テラに愛をこめて

 

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢

8月末まで、初回のセッションをドネーションにて受け付けています。

ドネーションとは、セッションを受けた後に、そのセッションに対して支払いたい金額をクライアント様自身に決めていただいてお支払いいただくというものです。

こちらは期間を設けさせてもらっていますのでご了承ください。

 

お申し込みはこちらより

セッションのご案内 | Healing Salon Amenohoshifune

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢