Healing Salon Amenohoshifuneのブログ

ヒプノセラピストが日々思うこと、感じることをつづっています。

デボンの海と戯れて 自然界のヒーリング 

f:id:hs-amenohoshifune:20190601071442j:plain

 

こんにちは。

ブログを訪問くださりありがとうございます。

 

 

私は5月中旬にイギリス南西部のデボンを訪れていました。

今回はトーキーという、古き良き時代の保養地に滞在しました。

 

このトーキー。

海岸部にはたくさんのヨットが並ぶハーバーがあり、レストランやおみやげ屋さんもたくさんあるけれど、どこか寂れた雰囲気が漂う、そうまさに「熱海」な感じの所でした。

 

「熱海」好きな私としては、この寂れた感、ひと昔前に栄えたイングリッシュリビエラなる土地のエネルギーは割と好きな感じです。

特にハーバーエリアから離れた閑静なエリアに広がるBabbacombというビーチは、海の水も透明ですし、崖岸がどこまでも続いており、海とのコントラストが美しいです。

 

そんな美しいところでアーシングしたい・・・と思い、足だけを浸してみることに♪

 

その日の気温は19度くらい。イギリスを訪れたことのある方はご存知かもしれませんが、イギリスはお天気がコロコロ変わり、今の季節は上着が必要な寒さ。たとえ夏になったとしても日本と違って海水は冷たいのです・・・。

 

足をそっと海に浸します。

冷たすぎて、切れる〜〜〜!と思うほど冷たい水。

もう本当に冷たくて冷たくて、何度もビーチに戻ります・・・笑

 

そんな感じですから足だけで終わらせておけば良かったんですが、海に呼ばれたのか、寒さに慣れるため大きく呼吸をしながら入っていたらとても気持ち良くなり、結局泳いでいました♫

 

海の水って、本当に気持ち良いんですね〜〜。

ちょうど時間も正午。

太陽の光も差しはじめ、近くには子供達もいて水かけっこしていたらとっても楽しくなってきて、ついついはしゃいでしまいました♫

一度入ってしまうと、足で感じていた冷たさは消え、その気持ちよさに感謝してしまうほど。

人間の体って良くできてるんだなぁと感ぜずにはいられない体験でした。

 

海から上がった後、意外なほど体はべとつかずサラサラしていたので、そのまま服を着ます。海のミネラルをそのままに経皮で体に浸透されていくのがなんとも心地よいです。

一緒に行った友人いわく、冷たい水に入ると体が自分で自分の体を温めようと熱を発して自己治癒力が高まるし、体内のミトコンドリアが増えるため、若返りの作用まであるとのことでした。

 

自分の体の中から、心の中からネガティブなエネルギーがデトックスされてゆき、

その代わりにクリアで陽気なエネルギーに満たされる海でのアーシング

冷たい海水に入ったのも、今思うとなんというか一つの禊だったのかもと感じられます。

 

季節はずれの海と戯れること、なかなかおすすめです。

 

 

 

テラに愛をこめて

 

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢

ただいまのところ、初回のセッションをドネーションにて受け付けています。

ドネーションとは、セッションを受けた後に、そのセッションに対して支払いたい金額をクライアント様自身に決めていただいてお支払いいただくというものです。

こちらは期間を設けさせてもらっていますのでご了承ください。

 

お申し込みはこちらより

セッションのご案内 | Healing Salon Amenohoshifune

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢