Healing Salon Amenohoshifuneのブログ

ヒプノセラピストが日々思うこと、感じることをつづっています。

体が教えてくれたこと

こんにちは。

ブログを訪問くださり、ありがとうございます。

 

 

一つの時代が過ぎゆく中で、新しい風のそよぎを感じる4月。

私は大デトックスに見舞われていました。

 

今月上旬からの気管支炎で発熱し、声も出なくなり、

また中旬からは帯状疱疹ということで体はもちろんのこと、2、3日は気力も落ちてしまいました。

 

でも

おかげさまで大デトックスをすることができ、

大きな気づきを得ることにもなりました。

 

 

ヒプノセラピーでセラピストにとって命とも言えるもの、

それは「声」です。

声によってクライアントさんを潜在意識に誘導し、

ガイドをさせていただくために、声が出ないことは致命的なものです。

ですからこのときはいただいている予約もキャンセルさせていただくことになってしまいました。

 

 

そして続いて帯状疱疹

激痛の走る中、

思考と行動が停止し、仕事も家事も何もすることができず、ただひたすら痛みを感じていました。

 

 

実は私には気管支炎も帯状疱疹も、

体が不調のサインを出す発端が何か、なんとなくわかっていました。

症状が現れる前に自分が行ったことになぜかスッキリしない違和感を強く感じていたからです。

見事にそれは体に現れてくれました。

 

帯状疱疹発症から6日め、その理由がはっきりとわかった夜、

ずっと気を揉ませていたことをスッパリと片付けました。

そしたらその瞬間から精神的にとっても楽になったのです。

翌朝、症状が峠を超えたなと、体で感じました。

 

 

私の体が喉を抑え、帯状疱疹の激痛を出して訴えてくれたこと。

それは自分自身に備わった表現方法を用いて、

世界に発信していくことでした。

 

子供の頃から、私はこの世界は何かが変だなと感じていました。

図書館で近代世界史、日本史の本を読み漁っては、

確かに今は昔と違って毎日学校に通えて、ご飯も食べれて幸せな時代なはずなのに、

どうして貧富の格差があって、

どうしていまだに戦争があって、

どうして人類の物語は悲しい思いを引きずっているのだろうか・・・

と子供ながらに思ったものでした。

 

その謎は大人になって意識が拡大されていくのと同時に

少しずつ私の世界に認知されていきました。

 

どうしていまだにヒエラルキーなる概念から抜け出せないのか、

どうしてみんな競争社会で競争を必死に頑張っているのか、

どうして嫌な仕事でも働かなければならないと思い込んで我慢してるのか、

どうして自分には価値がないと根底に思わされているのか、

そして

誰がこのマトリックスを操作しているのか、

 

子供の頃のなぞなぞの答えを知れば知るほど

自分の体の奥底から、魂から権威に対する怒りが込み上げてくるのです。

 

今はインターネットやブログで個人が情報を発信できる時代。

私もSNSなどツールを利用して

その怒りの気持ちと、

世界が愛でつながれて、

著書「アミ 小さな宇宙人」や

映画「美しき緑の星」のように

進化した地球世界をめざしてできることをやろうと、情報を発信してみました。

でもこれが、

今回の症状を発症させる原因でした。

 

 

私の体はメッセージを送ってきました。

 

 

「それはあなたの表現方法ではないよ」と。

 

 

自分に備わる表現。

自分が一番望む表現方法は

実は自分が良く知っていました。

 

  

自分はどんな世界の創出を望むのか、

それに対してどんな表現方法を好むのか。

 

怒りの気持ちを表現するのではなく、

怒りを超えて、

本当の気持ちを伝えるためには、

自分だけの美しい方法を使って発信すること。

 

 

私には私なりのやり方がある・・・と

ただ静かにこのことが体感として深く感じられました。

 

 

誰かが以前教えてくれました。

変わり目には痛い思いをする・・・

 

それを体験することで、

前よりも成長できるのだと。

 

 

たった一度の今世の自分という大切な生を、

自分を100%楽しむために必要だった方向転換。

 それは令和へと、世界が明ける前の貴重な体験でした。

 

  

最後に

私たちがお借りしているこの体という器。

この器がないと地球にいることはできません。

病気をしたとき、

お風呂に入っているとき、

日々、体を感じるときに、

どうぞ、体にありがとうと感謝をしてみてください。

 

そして体は地球の物質からつくられています。

ということは

地球を愛するということは、自分の体を愛することでもあります。

自分の体がどうしたらハッピーを感じるのか、

それは自分たちが一番よく知っています。

 

 

 

テラに愛をこめて

 

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢

ただいまのところ、初回のセッションをドネーションにて受け付けています。

ドネーションとは、セッションを受けた後に、そのセッションに対して支払いたい金額をクライアント様自身に決めていただいてお支払いいただくというものです。

こちらは期間を設けさせてもらっていますのでご了承ください。

 

お申し込みはこちらより

セッションのご案内 | Healing Salon Amenohoshifune

♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢ ♢